トシャオの映画情報ブログ

オススメの映画の感想や情報をツラツラと

気になった映画の情報や感想を紹介するブログ

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』の感想&レビュー※ネタバレあり

オッス!オラ吐瀉夫!

2022年4月8日公開のファンタビシリーズ3作目となる『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を見てきたので、感想とともに内容をご紹介!

気になる人は見ていってね!

あらすじ


www.youtube.com

魔法動物を愛するシャイでおっちょこちょいな魔法使いニュートが、ダンブルドア先生や魔法使いの仲間たち、そしてなんとマグルと寄せ集めのデコボコチームを結成! 
史上最悪の黒い魔法使い、グリンデルバルドに立ち向かう! 
そして明かされる、ダンブルドアとその一族に隠された誰も知らない秘密とは——!?

映画『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』本予告 2022年4月8日(金)公開 - YouTubeより引用

キャスト・制作陣・吹き替え

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』制作スタッフ

今作は登場人物多め

■制作陣

監督
デヴィッド・イェーツ

監督はハリー・ポッターと不死鳥の騎士団から、謎のプリンス死の秘宝Part1~2ファンタビ全作を監督してきたイェーツ。

もう彼しかいない!と思えるくらい完璧な人じゃないでしょうか。

脚本    
スティーヴ・クローヴス
J・K・ローリング

原案・原作
J・K・ローリング

脚本は『不死鳥の騎士団』以外の映画ハリー・ポッター』シリーズ『ファンタビ』シリーズ全作品の脚本を執筆しているクローヴス氏と、原作者J・K・ローリング本人。

製作    
デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム
ティム・ルイス

制作にはハリポタシリーズ、ファンタビシリーズ全てに参加しているデヴィッド・ハイマン。

ロバート・ダウニーJr主演「シャーロック・ホームズ」シリーズの原案・製作したライオネル・ウィグラムも参加。

■役名-俳優(吹替声優)

ニュート・スキャマンダー - エディ・レッドメイン宮野真守
ティナ・ゴールドスタイン - キャサリン・ウォーターストン伊藤静
ジェイコブ・コワルスキー - ダン・フォグラー(間宮康弘
クイニー・ゴールドスタイン - アリソン・スドル(遠藤綾
クリーデンス・ベアボーン / アウレリウス・ダンブルドア - エズラ・ミラー(武藤正史)
テセウス・スキャマンダー - カラム・ターナー江口拓也
ユスフ・カーマ - ウィリアム・ナディラム(田村真)
ヴィンダ・ロジエール - ポピー・コービー=チューチ(喜多村英梨
ユーラリー・“ラリー”・ヒックス - ジェシカ・ウィリアムズ(英語版)(きそひろこ)
アバーフォース・ダンブルドア - リチャード・コイル(中井和哉
アルバス・ダンブルドア - ジュード・ロウ森川智之
ゲラート・グリンデルバルド - マッツ・ミケルセン井上和彦
バンティ - ヴィクトリア・イェイツ(新谷真弓
アントン・ヴォーゲル - オリヴァー・マスッチ(田原アルノ
アリアナ・ダンブルドア - ヒービー・ベアードサル

俳優陣は基本的には前作と変わらずだが、後述するグリンデルバルド役に変更が入っているので、要注意。

ジョニー・デップの降板と、マッツ・ミケルセンの出演

ジョニー・デップは元妻への家庭内暴力関連の名誉毀損訴訟で敗訴した際に、ワーナー・ブラザースから降板を求められて、ファンタスティック・ビーストのグリンデルバルド役を降板。

グリンデルバルド役をデップの代わりにマッツ・ミケルセンが演じることになった。

個人的にはジョニー・デップの継続が望ましかったが、本作のマッツ・ミケルセンはセクシーでなかなか良い…!

感想・評価

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』4DX来場者特典のミニポスター

4DXで見たらミニポスターもらえたよ

個人的な評価としては75点!

以下、軽くネタバレを含むので読む際は注意してくださいね。

本作では未来を垣間見ることの出来るグリンデルバルドへの対抗策として、各自バラバラで秘密のミッションを遂行し、全容を見えなくしているのだが、そのあたりの納得感が薄いのと、それぞれの行動が空振りに終わってる部分などあり、時間が無為に過ぎていく感じもあったのが残念。

正直、もっとダンブルドアの葛藤や、クリーデンスに焦点を当ててほしかったと思う。

ちなみに序盤、かなり早い段階で魔法生物である麒麟が殺されたりするので、動物好きには結構辛いスタートだった…。

今後に続くための布石みたいなものも散りばめられているのかも知れないが、現時点での評価は1作目>>>2作目>3作目とトーンダウンしている。

2作目ほどは暗くはないんだけど、何をしたいのか(伝えたいのか)が不透明に感じられた気がする…!

一作目が半端なかったのもありますね。ハリー・ポッターシリーズもそうですが、最初の作品が一番明るく楽しくワクワクするんですよね(笑)

【ネタバレあり】ダンブルドアの秘密って?考察込みで回答

大きくネタバレを含むので、見たくない方はスルーして下さいね。

あくまで僕の考察に過ぎませんが、自分はこう思っています。

本作におけるダンブルドアの秘密は2つあって、1つ目はアルバス・ダンブルドアの秘密、2つ目はダンブルドア家の秘密。

アルバス・ダンブルドアの秘密とは、J・K・ローリング氏が以前より言及していたホモセクシャルであることとグリンデルバルドと恋仲であり、血の誓いを立てていたため戦えなかったということ。

そして2つ目は、クリーデンス・ベアボーン / アウレリウス・ダンブルドアの父が、アルバス・ダンブルドアの弟であるアバーフォース・ダンブルドアであること(本人も知らなかったようだが)。

秘密と言うのは、上記の2つを指しているんじゃないのかなと思ってます。

実は他にもあって、見逃してたり、汲み取りきれてなかったら申し訳ないです(笑)

 

なお、本作ラストのジェイコブの結婚式に参加せず、遠くから寒空の下で独りでいるアルバス・ダンブルドアの姿を見て、かつて愛した人と決別したことへの感傷に浸っていること以外にも、異性愛者の結婚式という場から距離を取る同性愛者という縮図に見えてしまった。

 

ダンブルドアとグリンデルバルドが戦った最後に、グリンデルバルドが「誰がお前を愛してくれる!?」と言っていて、孤独の道を選んだダンブルドアの姿を印象付けるようなシーンでもあった…。

 

個人的には、色々考えさせられるシーンだったなと感じています。

ポストクレジットシーンはあるのか?

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』のエンドロール

エンドロールのあとに何かあるのかな?

本作『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』にエンドロール(スタッフロール)中、およびその後に何らかのシーンが流れることはありませんでした!

残念!

一応、映画館で最後まで粘ったけど、ありませんでしたね~。

続編はあるの?

当初3部作とされていた『ファンタスティック・ビースト』シリーズ。

実は5部作へと変更され、全作にエディ・レッドメインがニュート・スキャマンダー役として出演することが決まっています。

本作は3作目。残りの2作が楽しみですね!!

もちろん1作目から見たほうが良いので、本作を見る前に過去作を見ていない方は是非見て欲しい!

こちらでも紹介してるので、気になる方は読んでみてくださいな!

eiga-movie.hatenablog.com

関連グッズ

ファンタスティック・ビースト ダンブルドアの秘密の映画グッズ

ブックカバー買っちゃった!

劇場には様々な映画グッズがあったのですが、自分はニュートのトランク風ブックカバーを購入!

ファンタビ映画グッズのブックカバー

栞紐がニフラーで可愛い

他にも映画グッズはたくさんあって、自分も気になるので明日は違う映画館に行ってグッズを発掘してこようと思っています(笑)

通販でも結構グッズは出ているみたいなので、気になる方は要チェック!